ゼニカルジェネリックについて説明する女性

確実に痩せたいと思うならゼニカルでと思いますが、毎日服用するにはお金が掛かってしまいます。少しでも費用を抑えたいのであればゼニカルのジェネリックを使いましょう。ジェネリックですが効果が同じで安価なので何も問題ないです。

ゼニカルジェネリックの種類について

日本ではダイエットに効果的な薬としてメディアで取り上げられ、注目を集めることになったゼニカルは、海外では一般的に用いられる肥満治療薬です。アメリカのFDAを中心に世界各国で承認され、販売、処方されていますが、日本では認可されていないため、通常の購入方法で入手することはできません。輸入を認められた美容外科などで、肥満治療として処方されることはありますが、健康保険は適用されず、自己負担による出費となるので、価格も高く非常にハードルの高い購入となります。しかし、医師の処方箋がなくてもインターネットから個人輸入代行サイトを利用すれば、海外から医薬品を取り寄せて入手することができます。また、ゼニカルは先発医薬品となっているので高価な薬となっていますが、同じ成分を使用して製造コストを下げたジェネリックであれば、薬代を抑えてお得に購入することが可能です。ゼニカルの人気が高いためか、世界中で流通しているゼニカルジェネリックの種類は多く、すでに2桁を超えています。人気のあるジェネリックはオルリファスト、オベリット、ビーファットなどがあり、安いものならゼニカルの10分の1の価格まで安くなっています。ジェネリックだから効果が薄い、安全性がないといったことはなく、同じ成分を使用しているので基本的な効果は変わりませんし、偽薬を掴まされることさえなければ安全性も保証されています。ただし、稀にジェネリックだとしても有効成分の配合量を調節し、少なめにしたり逆に多めにしているものもあるため、若干の違いが出ることもあります。ゼニカルは有効成分のオーリスタットが60mgとなっていますが、半分の30mgとなっている商品もあるので、同じ効果を期待するなら内容量をしっかりと確認しておきましょう。

ゼニカルのジェネリックの価格と購入方法

ゼニカルの有効成分であるオーリスタットを使用したジェネリック医薬品は、すでに世界中でいくつも販売され、その安い価格で購入して愛用している人もいます。ゼニカル自体が日本で認可されていないため、ジェネリックも同様に日本では販売されていません。かろうじて輸入の許可を得た美容外科などが、先発医薬品となるゼニカルを処方しますが、ジェネリックは販売ルートが確立していないため、国内での処方や購入はできません。海外の流通ルートを使用して個人輸入のみ購入することができるので、個人輸入を代行するサイトを利用して購入するのが一般的です。ゼニカルのジェネリックは種類が豊富で、価格もそれぞれ違いがあるのですが、安いものなら1錠単価70~100円ほどで購入できます。30錠入りなら2,100~3,000円ほどなので頻繁に使用する人は、このあたりの相場で探してみると良いでしょう。また、まとめ買いをすると割引きがきいて、さらに安く購入することができるので、日常的に使用して消費が多い人なら尚のこと検討しておくと良いです。個人輸入代行サイトを利用して購入する場合、病院に行って医師の診察を受け、処方箋を出してもらうという手間がありません。そのため、診察代や処方箋代が不要で、実質薬代だけで済むので非常にお得です。ただし、海外から医薬品を購入するには条件があり、個人の使用範囲で留めること、1回の購入は1ヶ月分までと定められています。いくら安く購入できるからといって、友人の分まで代理購入することは認められていないので、この点は注意しなくてはいけません。また、配送先は自宅のみが認められていて、会社など不特定多数の人が受け取るような場所では税関で止まってしまうことがあるので、送り先の住所には十分に注意しましょう。

ゼニカルジェネリックの効果的な使用方法

海外で人気の高い肥満治療薬であって日本でも少しずつ知られるようになってきているゼニカルのジェネリックはゼニカルと主成分は同じなので効果についても同じように考えて問題ないです。単に服用するだけで食事制限や運動などを行わなくてもダイエット効果が期待できますが、より高い効果を求めるのであれば運動と併用するのが望ましいです。逆に食事制限については逆にゼニカルを服用する意味が損なわれてしまうので、あまり相性が良いとは言えないです。どうしてそのような事が言えるのかというのは、ゼニカルがどのように作用してダイエット効果があるのかを考えれば自然と分かるはずです。ゼニカルがどうしてダイエットする事が出来るのかというと、体内にある酵素リパーゼの働きを阻害する作用があるからです。リパーゼは口から入った食べ物の中でも脂肪分を分解して体内に吸収するのを手助けしている消化酵素の一つです。そのリパーゼの働きを阻害する事によって、ゼニカルは食べた食べ物の脂肪分を3割程度吸収せずに体外へそのまま排出する効果があるのです。つまりゼニカルは食事を我慢せずに食事制限をしているのと同じ効果が得られるものであり、食事制限を出来る人であれば普通に食事制限をすれば良く、食事制限とゼニカルを組み合わせてもメリットが十分に活かせなくなってしまうのです。それに対して運動との併用ならば、運動は摂取したカロリーを消費する効果があるので摂取カロリーを抑える食事制限とは別の働きでダイエットするのであって相乗効果によってより高いダイエット効果が期待できるのです。ただ、ダイエットをする場合は過度なダイエットは体に毒なので、あまり激しい運動との組み合わせは身体に無理をさせる事にもなりかねないので控えた方が良いです。